住宅ローン借り換え ※諸費用を上乗せ(含めて)借りる、外枠方式とは?

住宅ローン借り換えにかかる費用

住宅ローンの借り換え時に発生する諸費用には、次のようなものがあります。

●登録免許税
不動産登記や抵当権の設定に必要
借入額の0.4%

抵当権の抹消はひとつの不動産あたり1,000円
土地と建物で個別に設定されている場合は1,000円×2で2,000円


●司法書士報酬
不動産登記や抵当権の設定・抹消等の手続を依頼した司法書士に支払う手数料
借入額や抵当権が設定されている数、依頼先によって異なる
記載事項証明書等、実費まで含めたおおよその目安は7~10万円


●印紙税
金銭消費貸借契約書に貼る印紙代。借入れ額によって異なる

1,000万円超5,000万円未満...2万円
5,000万円以上1億円以下の場合...6万円


以上は、どの金融機関でも額に大きな違いはないものです。それに対し、借り換える金融機関によってかなり額が異なる次のような諸費用もあります。


●保証料
保証人を立てず、保証会社の信用保証をつけるための費用
借入額の2~3%程度(金融機関、借入れ額、返済期間によって異なる)


●事務手数料
金融機関の取扱手数料
金融機関によって異なり、定額型の場合は3~10万円程度
定率型の場合は、借入れ額の1.05~2.1%が一般的


●繰り上げ返済手数料
前借入れ先のローンを一括返済する際の手数料
5千円~5万円程度(金融機関によって異なる)

これらの諸費用はを無料としている金融機関もあります。


諸費用の大半を占める保証料や、2.1%の定率型で2,000万円の借入れとすれば42万円にもなり、定額型と比べて大きな差が生じる事務手数料が不要なら、借り換えコストはかなり抑えられます。

その他、住宅ローンの借り換え時の費用には、返済中に契約者に万一のことがあった場合に残債の支払い義務を免除される団体信用生命保険(団信)、融資には加入が必須となる火災保険の保険料などもあります。

フィード